JOURNAL | ROSTRATA.net

Japanese design principle

不均整、簡素、孤高、自然、幽玄、脱俗、静寂

日本のデザイン哲学

美学における禅は、無常の仏教信仰、そして諸行無常(この世の現実存在はすべて、惑星も星も神も例外なく、姿も本質も常に流動変化するものである)から派生している。

不均整 imbalanced

非対称、奇数、不規則、不揃い、不均衡は、完璧性や自然界ではありえない対称性の全否定として用いられる。

Asymmetry, odd numbers, irregularity, unevenness, imbalance is used as a denial of perfection as perfection and symmetry does not occur in nature.

簡素simple

飾り立てるのをやめること、そして自然で素朴なものこそが、その真実性を表現する。
楚々として、端的で、複雑でない。

Elimination of ornate and things of simplicity by nature expresses their truthfulness. Neat, frank and uncomplicated.

孤高austere

不可欠で、そして(成熟し感覚的ではないという意味で)風化した最低限必要なもの。
厳しさ、禁令、成熟、重みを感じさせる。

Basic, weathered bare essentials that are aged and unsensuous. Evokes sternness, forbiddance, maturity and weight.

自然natural

ありのままで、何かの真似ではない自発的な創造性。
真の自然体は、単純さと非本質的な概念を否定する。

Raw, natural and unforced creativity without pretence. True naturalness is to negate the naive and accidental.

幽玄subtle profound

暗示し、隠された趣意をさらけ出さない。
表面的な見方では見えず、露骨さを避けたもの。

Suggest and not reveal layers of meaning hidden within. Invisible to the casual eye and avoiding the obvious.

脱俗unworldly

ありきたりで伝統的なものからの超越。
原則や制限による束縛にとらわれないこと。真の創造性。

Transcendence of conventional and traditional. Free from the bondage of laws and restrictions. True creativity.

静寂calm

沈黙と静寂、心地よい孤独。
自分の心、身体、そして周辺環境から妨害やノイズを遮断すること。

Silence and tranquility, blissful solitude. Absence of disturbance and noise from one’s mind, body and surroundings.

これは少し前にSWISSMISSで紹介されていた「Japanese design principles」という記事から。

日本独特のわびさび感覚を英語で詳しく説明しているもので、見知らぬ英単語も沢山あったので興味があって日本語に訳してみました。

微妙な表現はそのまま1つの英単語とイコールにならない為か複数の類似した単語で表現していて、そのまま直訳してもあまり意味がない部分が多かったり、英単語のままの方がしっくりくる部分も多く、非常に難しかったのですが、辞書を引き引き、自分なりの解釈をしながらの訳。

ワビサビが何なのか、と問われても日本人ですら説明出来る人は多くないし、その概念すら忘れ去られつつある現代、こうして外からの視点で見たものを改めて読み解くのは非常に面白いものです。

Posted on 2010/02/09DESIGN

Leave a Comment

Related Posts

    None Found

Archives

Translate by Google

to English, to Spanish, to French


Seeing is Believing.