JOURNAL | ROSTRATA.net

RSSとブックマーク

ブックマークは単なるメモです。ブックマークされたとしてもユーザが「見てみよう」という能動的な行動を起こさない限り、更新情報は知られません。せっかく見に来たのに更新されてない、一気に沢山更新されてて埋もれてしまった、ということは当然起こります。

岐阜新聞Webというサイトがあります。
私は岐阜県出身なのですが、このサイトを見た時は失礼ながら「岐阜にしてはまともだ」と感じました。カテゴリの分け方もちゃんとしていて、記事の読みやすさを第一にしたような、新聞らしく落ち着いた印象です。

むしろ気持ちいいほどのフルテーブルコーディングなのはいいとしても、情報サイトとして決定的に足りないものがあります。
「RSSフィードが出ていない」ということです。

これだけの「ちゃんとした」サイトを構築しながらも、なぜRSS配信を実装しなかったかは分かりません。もしかしたら何か事情があって見送ったのかもしれません。
ただ、私のような「県外に住みながらも故郷である岐阜のニュースも知っておきたい」といういじらしい人間にとって、この岐阜新聞Webは毎日チェックできるような有効なサイトになり得ませんでした。

ネットをあまり使わない人であれば「ブックマークすればいいやん」と思うかもしれませんが、もはや「いちいちブックマークしてる時代じゃない」ことは明らかではないでしょうか。

単にブックマークされること
ブックマークは単なるメモです。ブックマークされたとしてもユーザが「見てみよう」という能動的な行動を起こさない限り、更新情報は知られません。せっかく見に来たのに更新されてない、一気に沢山更新されてて埋もれてしまった、ということは当然起こります。
「更新されたかどうかも分からずに、1つ1つのサイトをいちいち読み込んでられません」という世知辛い時代です。

RSSリーダーに購読登録されること
RSSリーダーに興味のあるサイトのRSSを登録していれば、更新情報だけを自動的に取得できます。更新情報を購読者の負担を最小限に、もれなく知らせることができます。

例えば新聞サイトであれば、記事のカテゴリごとにRSSを配信してくれれば尚親切で、沢山の記事の中から興味のある記事だけを効率的に読むことができます。

こんなに便利で、今時のサイトにとって必須だといえるRSS。
まだまだ認知度が低く、制作側としてはCSSコーディングなどと同じように「手間の割には分かってもらいにくい部分」なのであまり積極的にウリにすることはありませんが、サイトリニューアルの際には是非実装しましょう。

Posted on 2007/04/26DEVELOPMENT

Leave a Comment

Related Posts

    None Found

Archives

Translate by Google

to English, to Spanish, to French


Seeing is Believing.